若い人(1962)【公開日:1962年10月6日】

『若い人』
■公開:1962年(昭和37年)
■配給:日活
■監督:西河克己
■原作:石坂洋次郎
■出演:石原裕次郎・浅丘ルリ子・吉永小百合・大坂志郎・三浦充子・小沢昭一・井上昭文・村瀬幸子・北村和夫・武智豊子、イム・レイー、殿山泰司・掘恭子・三崎千恵子・千代侑子・葵真木子・小泉郁之助・山之辺潤一・紀原土耕・河上信夫・黒田剛・山口吉弘・新津邦夫・進千賀子・雨宮美智子・水森久美子・有田双美子・高田栄子・重盛輝江・小林洋子・加藤洋美・辻野房子・棚橋克子・清原喜代子・樽井釉子・山田文子・和田美登里・茂手木かすみ・吉岡恵子・渡辺まさえ・吉田良子・鈴木光子・松永祥子・福田千津子・江秋妙・峰三平(技斗)

Contents

主題歌・挿入歌

主題歌

☆「若い人」石原裕次郎

挿入歌

  • 「山男の歌」ダークダックス(歌:石原裕次郎・吉永小百合)
  • 「デカンショ節」(歌:石原裕次郎)
  • 「湯島の白梅」小畑実(歌:葵真木子)
  • 「ラバウル小唄」(歌:店の客たち)
  • 「軍隊小唄(ほんとにほんとにご苦労ね)」(歌:店の客たち)
  • 「別れのブルース」淡谷のり子(鼻歌:三浦充子)

 

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「若い人」
タイトルバックで流れる。

2.「山男の歌」
間崎(石原裕次郎)が風呂に入りながら歌う

3.「山男の歌」
間崎の家で江波(吉永小百合)が歌う

4.「デカンショ節」
間崎が歌いながら旅館に戻ってくる

5.「若い人」(インスト)
修学旅行で訪れた東京の名所・街の風景とともに曲が流れる

6.「湯島の白梅」
修学旅行のバスのなかでバスガール(葵真木子)が歌う

7.「ラバウル小唄」
江波の母・ハツ(三浦充子)の店の客たちが歌う

8.「軍隊小唄(ほんとにほんとにご苦労ね)」
江波の母・ハツの店の客たちが歌う

9.「別れのブルース」(鼻歌)
怪我をした間崎が江波の部屋で目覚めたとき、ハツが鼻歌を歌っている

10.「若い人」
海に来た江波、学校に戻った間崎の姿とともに曲が流れる

 

MEMO
裕次郎主演映画のなかで、私が一番好きな曲が、本作の主題歌「若い人」です!
曲が美しいのはもちろんなんですが、どこか文学の薫りがただよう詞がとても好きです。
作詞は木下忠司。木下さん、こんな素敵な曲の詞も作っていたのね…と感動です!
そして、作曲は池田正義。このメロディ、本当に大好きです。

 

 

関連作品

  1. 愛と死をみつめて【公開日:1964年9月19日】

  2. 兵隊やくざ脱獄【公開日:1966年7月13日】

  3. 兵隊やくざ殴り込み【公開日:1967年9月15日】

  4. 学園広場【公開日:1963年12月15日】

  5. 顔(1960)【公開日:1960年10月8日】

  6. みな殺しの霊歌【公開日:1968年4月13日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。