戦争と人間 第二部「愛と悲しみの山河」【公開:1971年6月12日】

戦争と人間 第二部「愛と悲しみの山河」
【公開】1971年(昭和46年)
【配給】日活
【原作】五味川純平
【監督】山本薩夫
【出演】岩崎信忠/井川比佐志/石津康彦/晴海勇三/波多野憲/浜口竜哉/二木草之助/西村晃/本目雅昭/地井武男/大浜詩郎/大月ウルフ/織田俊彦/加藤剛/河上喜史朗/桂小かん/鴨田喜由/田畑善彦/髙原駿雄/髙橋幸治/髙橋悦史/髙橋明/髙橋英樹/髙野誠二郎/髙城淳一/龍岡晋/玉井謙介/玉川伊佐男/玉村駿太郎/滝沢修/辻萬長/成合晃/中津川衛/中野千春/南原宏治/内田稔/野村隆/久遠利三/久野征四郎/草薙幸二郎/矢藤昌宏/山田禅二/山内明/山本学/山本圭/前田昌明/牧野義介/深江章喜/藤岡重慶/藤田陽一/藤田啓而/小泉郁之助/後藤陽吉/江原真二郎/榎木兵衛/相原巨典/浅若芳太郎/芦田伸介/斉藤真/沢美鶴/坂口芳貞/木島一郎/衣笠真寿男/北大路欣也/雪丘恵介/三国連太郎/宮原徳平/柴田新三/庄司三郎/白井鋭/弘松三郎/光でんすけ/氷室政司/英原穣二/千賀拓夫/和泉雅子/吉永倫子/吉永小百合/栗原小巻/浅丘ルリ子/木村夏江/岸田今日子/水戸光子/鈴村益代/佐久間良子(東映)/鈴木瑞穂(ナレーター)
【協力】俳優座/文学座/劇団民芸

Contents

主題歌・挿入歌

挿入歌

  • 「青年日本の歌(昭和維新の歌)」
  • 「嗚呼玉杯に花うけて」(口笛のみ)
  • 「日本陸軍」
  • 「義勇軍進行曲」

 

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「?」
徐在林(地井武男)と全明福(木村夏江)ら、抗日遊撃隊が歌う。

2.「青年日本の歌(昭和維新の歌)」
二・二六事件のシーンで歌われている。
その直後の、耕平(山本圭)と俊介(北大路欣也)が会話しながら歩くシーンでも流れる。

3.「嗚呼玉杯に花うけて」(口笛)
俊介がタンスからコートを取り出し着ながら、口笛を吹く。

4.「日本陸軍」
出征する兵隊の見送りの人たちが、歌いながら行進する。

5.「義勇軍進行曲」
抗日運動の行進で歌われる。

 

MEMO
「義勇軍進行曲」は、もともとは『風雲児女』という中国映画の主題歌でしたが、現在では中国の正式な国歌になっています。

「?」の曲は、朝鮮語?で歌われています。

 

【出演】滝沢修/芦田伸介/山本圭/北大路欣也/吉永小百合/浅丘ルリ子 ほか。
 

 

関連作品

  1. 続人間革命【公開日:1976年6月19日】

  2. 激動の昭和史 沖縄決戦【公開日:1971年7月17日】

  3. 続 東京流れ者 海は真赤な恋の色【公開日:1966年11月9日】

  4. トラック野郎 望郷一番星【公開日:1976年8月7日】

  5. 停年退職【公開日:1963年3月1日】

  6. 地獄の波止場【公開日:1956年3月4日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。