トラック野郎 御意見無用【公開日:1975年8月30日】

『トラック野郎 御意見無用』
■公開:1975年(昭和50年)
■配給:東映
■監督:鈴木則文
■出演:菅原文太・夏純子・中島ゆたか・湯原昌幸・石橋正次(友情出演)・黒田征太郎(友情出演)・春川ますみ・夏夕介・由利徹・小松方正・南利明・鈴木ヒロミツ・大泉滉・谷村昌彦・佐藤晟也・井上昭文・誠直也・安岡力也・芹明香・叶優子・小坂知子・佐々木梨里・小林千枝・城恵美・相川圭子・相馬剛三・三上良・大木伍郎・祝真一・高月忠・清水照夫・司祐介・梅地徳彦・梅津昭典・白取雅子・菊地優子・角所由美・一条寛之・鈴本照江・大久保純・山本緑・村松美枝子・杉井恵子・浜えりな・鏡レオ・幸英二・比良元高・山浦栄・五野上力・泉福之助・佐藤允、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(宇崎竜童・和田静男・新井武士・相原誠)・愛川欽也
■企画協力:株式会社カントリー
■協力:トラックアクセサリー専門店 塚本屋中村商店、ニットータイヤ

Contents

主題歌・挿入歌

主題歌

☆「一番星ブルース」菅原文太・愛川欽也

挿入歌

☆「トラック・ドライビングブギ」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
・「旅姿三人男」ディック・ミネ ほか(歌:菅原文太・愛川欽也)

・「知床旅情」加藤登紀子
・「網走番外地」高倉健(歌:湯原昌幸)
・「心のこり」細川たかし

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「旅姿三人男」
冒頭、下関の街を走りながら桃次郎(菅原文太)とジョナサン(愛川欽也)が歌う。

2.「一番星ブルース」
タイトルバックで流れる。

3.「知床旅情」
青森の街を走る桃次郎&ジョナサンの映像とともに流れる。

4.「網走番外地」
青森の花屋にハマナス探しに行った千吉(湯原昌幸)が 一瞬口ずさむ。

5.「一番星ブルース」(インスト)
関門のドラゴン(佐藤允)が登場したところで流れる。

6.「心のこり」
ドライブイン「おふくろ」で桃次郎と関門のドラゴンがケンカをしたとき、ジュークボックスに桃次郎が突っ込んだ拍子に曲が流れだす。

7.「トラック・ドライビングブギ」
桃次郎が洋子(中島ゆたか)を乗せてお屋敷まで送るときに流れる。

8.「一番星ブルース」
ラスト、海辺を走行する一番星号&ジョナサン号の映像とともに流れる。

 

MEMO
ジュークボックスから「心のこり」が流れ出すシーンは傑作です!
桃次郎(菅原文太)がジュークボックスにまでバカにされているようで(笑)
何度観ても笑ってしまいます。

 

 

関連作品

  1. 復讐の七仮面【公開日:1955年7月12日】

  2. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  3. 八月十五日の動乱【公開日:1962年8月22日】

  4. 居酒屋兆治【公開日:1983年11月12日】

  5. 悪徳【公開日:1958年2月19日】

  6. 警視庁物語 顔のない女【公開日:1959年2月18日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。