新・兵隊やくざ火線【公開日:1972年4月22日】

新・兵隊やくざ火線
【公開】1972年(昭和47年)
【配給】東宝
【原作】有馬頼義
【監督】増村保造
【出演】勝新太郎/田村高廣/安田道代/大瀬康一/宍戸錠/大滝秀治/滝川潤/松山照夫/坂本香/九段吾郎/勝村淳/橋本力/堀北幸夫/上原寛二/森内一夫/松田剛武/馬場勝義/藤春保/美樹博/香住巖/竹内春義/森下耕作

Contents

主題歌・挿入歌

主題歌

  • 「兵隊やくざ」勝新太郎
  • 「男と男」勝新太郎

挿入歌

  • 「紺屋高尾」篠田実(歌:勝新太郎)

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「紺屋高尾」
芳蘭(安田道代)と酒を飲みながら、大宮(勝新太郎)が浪曲を唸る。

2.「男と男」
銃弾が飛び交う中、有田(田村高廣)を探しに大宮がひとり飛び出すシーンで流れる。

3.「紺屋高尾」
有田・芳蘭と一緒に捕まったところで、大宮が唸る。

4.「兵隊やくざ」
ラスト、軍服を燃やして二人で肩を組んで歩きはじめるシーンで流れる。

 

MEMO
大映が倒産したため、最終作の本作のみ、勝プロダクション製作・東宝配給。
大映で製作された八作目までとは毛色の異なる作品です。

シリーズ七作目で終戦を迎え、八作目は終戦直後の話でしたが、本作では戦時中の昭和19年に時間が戻っています。
また、大宮(勝新太郎)は字が書ける設定になっていたりと、これまでとの相違点も多いです。
大宮と有田(田村高廣)の絡みが少ないのが、ちょっと寂しいですね。

音楽も前作までとは雰囲気がガラリと変わっています。
戦争映画というより、恋愛歌謡映画みたいな印象を受けます。

 

 

関連作品

  1. 戦争と人間 第一部「運命の序曲」【公開日:1970年8月14日】

  2. 桃太郎の海鷲【公開日:1943年3月25日】

  3. 戦争と人間 第二部「愛と悲しみの山河」【公開:1971年6月12日】

  4. ゴジラの逆襲【公開日:1955年4月24日】

  5. 隼の魔王【公開日:1955年1月3日】

  6. トラック野郎 御意見無用【公開日:1975年8月30日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。