大人と子供のあいの子だい【公開:1961年7月】

『大人と子供のあいの子だい』1961年(昭和36年)・日活

『大人と子供のあいの子だい』
■公開:1961年(昭和36年)
■配給:日活
■原作:渡辺照男
■監督:若杉光夫
■出演:浜田光夫/松原智恵子/宇野重吉/高田敏江/梅野泰靖/松下達夫/武智豊子/小夜福子/鶴丸睦彦/鈴木瑞穂/日野道夫/小泉郁之助/大滝秀治/佐々木すみ江/牧野義介/新田昌玄/白井鋭/佐川明子/重盛輝江/三船好重/潮京以子/鈴木寿雄/渡辺隆一/坂下登/島田金二郎/奥山淳一/北村公敏/星紀市/木浪茂/斉藤洋子/松永環/吉岡恵子/島田蓉子/高木俊子/大和屋幸子/竹本正子

Contents

主題歌・挿入歌

挿入曲

  • 「ノクターン 第2番 変ホ長調 作品9-2」ショパン
  • 「東京ドドンパ娘」渡辺マリ
  • 「嗚呼玉杯に花うけて」旧制第一高等学校寮歌
  • 「仰げば尊し」唱歌

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「ノクターン 第2番 変ホ長調 作品9-2」
杉下(鈴木寿雄)の家での ノートのやり取りのシーンで流れる。

2.「東京ドドンパ娘」
明夫(浜田光夫)と杉下が 学校を休んだ坂口(松原智恵子)に会いに行くシーンで流れる。

3.「嗚呼玉杯に花うけて」
明夫と杉下の高校合格祝いの席で、杉下の父(宇野重吉)が歌う。

4.「仰げば尊し」
高校合格祝いの席で明夫と杉下が歌う。

 

MEMO
「東京ドドンパ娘」はボリュームがかなり小さめですが、よく注意していると聞こえます。

主人公の中学生を演じるのは浜田光夫。
デビュー間もない松原智恵子がヒロインを演じています(出番は少ないですが)。

本作は、渡辺照男くんという中学生の日記を映画化した作品だそうです。
当時中学生ということは、いま70代半ばくらいの方でしょうか。
渡辺くんについては、どのような方なのか詳しいことは不明ですが、作品は素晴らしいものでした。
作品全体の空気感は、『キューポラのある街』に通じるものがあると思います。

すべてを観終えて、原作者である渡辺照男くんがその後どのような人生を歩んだのかが気になりました。
彼のその後が、希望に満ちた幸せなものであったと信じたいです。

 

関連作品

  1. ドリフターズですよ!前進前進また前進【公開日:1967年10月28日】

  2. 八月十五日の動乱【公開日:1962年8月22日】

  3. 兵隊やくざ殴り込み【公開日:1967年9月15日】

  4. ザ・タイガース 華やかなる招待【公開日:1968年12月19日】

  5. 人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊【公開日:1968年1月3日】

  6. 山男の歌【公開日:1962年7月8日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。