打倒 ノックダウン【公開日:1960年3月20日】

『打倒 ノックダウン』1960年(昭和35年)・日活

打倒 ノックダウン
【公開】1960年(昭和35年)
【配給】日活
【監督】松尾昭典
【出演】赤木圭一郎/稲垣美穂子/和田悦子(新人)/大坂志郎/岡田真澄/二谷英明/殿山泰司/高品格/山田禅二/浜村純/天草四郎/清川玉枝/武藤章生/雪丘恵介/深江章喜/小泉郁之助/鏑木はるな/初井言栄/神戸瓢介/河上信夫/紀原耕/佐藤慶/須藤孝/川辺健三/高野誠二郎/林茂朗/木島一郎/花村典克/山中大成/石丘伸吾/早野輝/高緒弘志/渡井嘉久夫/若松俊二郎/立川博/高田保/淡月梨花/久木登紀子/夏今日子/和田怜子/黒木広美/高城瑛子/宍戸鍈二/桜井和夫
【出演拳斗選手】大越俊晴/三瓶昭/諸原秀雄/村田和夫/斉藤英二郎/中内三郎/川口豊/岩井延三/柏崎忠
【全日本拳斗協会賛助】石渡戸春雄(レフェリー)/手崎弘幸/ジョー・イーグル/ジム・ポサデス/茂野貞夫/郡司信夫(解説)/阿部幸四郎(技斗)
【協賛】ミツミ電機株式会社

Contents

主題歌・挿入歌

主題歌

  • 「打倒 ノックダウン」赤木圭一郎(※劇中での使用なし)

挿入曲

  • 「俺と月が燃えるとき」赤木圭一郎
  • 「ピアノ五重奏曲『鱒』第4楽章」シューベルト
  • 「手習子」長唄

 

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「ピアノ五重奏曲『鱒』第4楽章」
昭(赤木圭一郎)が自作のプレーヤー?でレコードをかける。

2.「俺と月が燃えるとき」
昭が海辺でひとり弾き語り。

3.「手習子」
長唄「手習子」にあわせて、ひろ子(和田悦子)が踊る。

 

MEMO
本作と同タイトルのレコードが主題歌としてリリースされています。
ただ、主題歌は劇中での使用が確認できませんでした。

 

関連作品

  1. 続 東京流れ者 海は真赤な恋の色【公開日:1966年11月9日】

  2. 江分利満氏の優雅な生活【公開日:1963年11月16日】

  3. セーラー服と機関銃【公開日:1981年12月19日】

  4. 憲兵と幽霊【公開日:1958年8月10日】

  5. 停年退職【公開日:1963年3月1日】

  6. 多羅尾伴内 十三の魔王【公開日:1958年1月15日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。