仁義なき戦い 広島死闘篇【公開日:1973年4月28日】

仁義なき戦い 広島死闘篇
【公開】1973年(昭和48年)
【配給】東映
【原作】飯干晃一(週刊サンケイ連載「仁義なき戦い」より)
【監督】深作欣二
【出演】菅原文太/千葉真一/梶芽衣子/山城新伍/名和広/成田三樹夫/前田吟/木村俊恵/松平純子/加藤嘉/北村英三/汐路章/室田日出男/八名信夫/小松方正/北十学/宇崎尚韶/大木晤郎/国一太郎/中村錦司/志賀勝/広瀬義宣/野口貴史/白川浩二郎/堀正夫/唐沢民賢/鈴木康弘/西田良/秋山勝俊/川谷拓三/北川俊夫/笹木俊志/木谷邦臣/藤沢徹夫/福本清三/松本泰郎/大矢敬典/宮城幸生/森源太郎/波多野博/酒井哲(ナレーター)/矢奈木邦二朗/片桐竜次/岩尾正隆/松田利夫/小田真士/古閑達則/西村泰治/司裕介/高木亜紀/美川玲子/橋本房枝/穂積かや/熊谷武/浪花五郎/細川純一/大林一三/広瀬登美子/高石郁子/大城泰/小坂和之/西山清孝/鳥巣哲生/前川良三/和田昌也/金子信雄/遠藤辰雄/小池朝雄/北大路欣也

Contents

主題歌・挿入歌

挿入歌

  • 「ヤットン節」久保幸江
  • 「悲しき口笛」美空ひばり
  • 「若鷲の歌」霧島昇/波平暁男(口笛のみ)
  • 「お富さん」春日八郎(インストのみ)
  • 「蔵王の山男」(インストのみ)

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「ヤットン節」
飲み屋街で流れる。
(「悲しき口笛」と重なって流れる。)

2.「悲しき口笛」
飲み屋街で流れる。
(「ヤットン節」と重なって流れる。)

3.「若鷲の歌」(口笛)
和田を撃ったあと、山中(北大路欣也)が口笛を吹く。

4.「お富さん」(インスト)
大友勝利(千葉真一)らがクラブで飲むシーンの店内BGM。

5.「若鷲の歌」(口笛)
寺田(志賀勝)らを撃ったあと、山中が口笛を吹く。

6.「蔵王の山男」(インスト)
山中と広能(菅原文太)がクラブで飲むシーンの店内BGM。

7.「若鷲の歌」(口笛)
山中が自決する前に口笛を吹く。

 

MEMO
6の「蔵王の山男」は、「東京流れ者」の原曲。
曲は同じなんですが、上記のリストで「東京流れ者」ではなく「蔵王の山男」としたのには理由があります。
竹越ひろ子や渡哲也の「東京流れ者」がリリースされたのは1965年(昭和40年)で、本作の時代とは一致しないので、本作のなかで演奏されているのは原曲の「蔵王の山男」だと判断しました。
それだと整合性がとれるので。
(山中の自決が昭和30年5月なので、それ以前のシーンで「東京流れ者」(昭和40年リリース)が流れるのはおかしい。)

 

 

 

関連作品

  1. 戦争と人間 第一部「運命の序曲」【公開日:1970年8月14日】

  2. 八甲田山【公開:1977年6月】

  3. 警視庁物語 上野発五時三五分【公開日:1957年8月28日】

  4. 復讐の七仮面【公開日:1955年7月12日】

  5. 八月十五日の動乱【公開日:1962年8月22日】

  6. 警視庁物語 顔のない女【公開日:1959年2月18日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。