セーラー服と機関銃【公開日:1981年12月19日】

セーラー服と機関銃
【公開】1981年(昭和56年)
【配給】東映
【原作】赤川次郎
【監督】相米慎二
【出演】薬師丸ひろ子/風祭ゆき/大門正明/柳澤慎吾/林家しん平/寺田農/酒井敏也/岡竜也/光石研/三國連太郎/柄本明/北村和夫/佐藤允/渡瀬恒彦

Contents

主題歌・挿入歌

主題歌

  • 「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子

挿入歌

  • 「カスバの女」エト邦枝(歌:薬師丸ひろ子・風祭ゆき)
  • 「ダンシング・オールナイト」もんた&ブラザーズ(インストのみ)
  • 「乙女の祈り」バダジェフスカ
  • 「夏休み」吉田拓郎(インストのみ)
  • 「岡崎五万石」
  • 「秋の子」童謡(インストのみ)
  • 「こんにちはトランペット」

 

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「カスバの女」
泉(薬師丸ひろ子)がブリッジしながら口ずさむ。

2.「セーラー服と機関銃」(インスト)
泉が父・貴志が遺したという手紙を読むシーンで流れる。

3.「ダンシング・オールナイト」(インスト)
メイ(酒井敏也)がハーモニカで演奏。

4.「乙女の祈り」
模様替えのシーンで外で流れる。

5.「夏休み」(インスト)
メイがハーモニカで演奏。

6.「カスバの女」
バーで再会した泉とマユミ(風祭ゆき)が歌う。
パパが好きだった歌…という設定。

7.「セーラー服と機関銃」(インスト)
泉とマユミが公園で会話するシーンで流れる。

8.「カスバの女」
泉が十字架にかけられるシーン ~ マユミが弾き語り。

9.「岡崎五万石」
浜口(北村和夫)の部屋で流れている映画の中で歌われている。

10.「カスバの女」(インスト)
泉が機関銃をぶっ放した直後に流れる。

11.「秋の子」(インスト)
霊安室で、泉が佐久間(渡瀬恒彦)の唇に自身の唇を重ねるシーンで流れる。

12.「こんにちはトランペット」
歩道橋の上で、泉がハーモニカ演奏。

13.「セーラー服と機関銃」
ラスト、セーラー服姿で街を歩く泉の姿とともに流れる。

 

 

関連作品

  1. 狂った果実【公開日:1956年7月12日】

  2. 兵隊やくざ★強奪【公開日:1968年10月5日】

  3. 動乱【公開日:1980年1月15日】

  4. BG、ある19才の日記 あげてよかった!【公開日:1968年11月2日】

  5. ある少女の告白 純潔【公開日:1968年12月14日】

  6. 兵隊やくざ殴り込み【公開日:1967年9月15日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。