あゝひめゆりの塔【公開日:1968年9月21日】

『あゝひめゆりの塔』
■公開:1968年(昭和43年)
■配給:日活
■監督:舛田利雄
■出演:吉永小百合・浜田光夫・和泉雅子・二谷英明・高品格・郷鍈治・小高雄二・杉江広太郎・藤竜也・深江章喜・和田浩治・太田雅子・浜川智子・三条泰子・笹森みち子・伊藤るり子・松本克平・東恵美子・山田禅二・野呂圭介・弘松三郎・森塚敏・青木義朗・後藤ルミ・北島マヤ・遠山智英子・音無美紀子・柚木れい子・木川能子・秋とも子・武藤早奈枝・佐藤サト子・舛田紀子・小池修一・鴨田喜由・小泉郁之助・小柴隆・八代康二・久遠利三・市村博・長浜鉄平・亀山靖博・二木草之助・河上喜史朗・宮原徳平・奥村幸士・榎木兵衛・木島一郎・英原穰二・紀原土耕・柳瀬志郎・堺美紀子・若原初子・重盛輝江・三船好重・鈴村益代・高樹蓉子・寺島君枝・瞳美沙・坂巻祥子・横田楊子・式田賢一・矢藤昌宏・溝口拳・露木護・園田健夫・浜口竜哉・荒井岩衛・今村弘・瀬山孝司・前田武彦・小林利造・倉沢瑛子・堀口由美・牧まさみ・田中まり・佐藤洋子・乙羽信子(東宝)・東野英治郎・中村翫右衛門(前進座)・渡哲也(特別出演)
■ナレーター:内藤武敏
■沖縄民謡舞踊指導:冠船流 川田 琉球舞踊団

Contents

主題歌・挿入歌

主題歌

☆「想思樹の歌(別れの曲)」吉永小百合

挿入歌

  • 「想思樹」(演奏:内田裕也とザ・フラワーズ)
  • 「軍艦行進曲」軍歌(歌:小池修一)
  • 「元寇」軍歌(歌:浜田光夫 ほか)
  • 「故郷」唱歌(歌:吉永小百合 ほか)
  • 「仰げば尊し」唱歌(歌:吉永小百合 ほか)
  • 「花嫁人形」童謡(歌:笹森みち子)
  • 「轟沈」楠木繁夫(歌:吉永小百合 ほか)
  • 「谷茶前節」沖縄民謡(歌:太田雅子 ほか)
  • 「浜千鳥」沖縄民謡(歌:吉永小百合 ほか)

(☆印:OPまたはEDでクレジットされている曲)

 

楽曲使用シーン

1.「想思樹」(インスト)
オープニングで流れる。
「想思樹の歌(別れの曲)」のインストバージョンです。
この曲はいくつかのCDに収録されていますが、CD収録時のタイトルが「想思樹」でした。
演奏しているのは「内田裕也とザ・フラワーズ」ですが、映っているGSは別のバンドとのこと(参考文献:日本ロック紀GS編 コンプリート)。

2.「想思樹の歌(別れの曲)」
ゴーゴークラブから沖縄へと舞台が移ったところで主題歌が流れる。

3.「軍艦行進曲」(インスト)
和子(吉永小百合)の家のラジオから聞こえてくる

4.「想思樹の歌(別れの曲)」
作詞者の太田少尉(和田浩治)がやってきたときに、作曲者・東風平先生(小高雄二)の指揮で女学生たちが歌う

5.「元寇」
男子部の学生たちが歌いながら歩いてくる

6.「想思樹の歌(別れの曲)」
女子部の学生たちが歩きながら歌う

7.「軍艦行進曲」
教員である母・ハツ(乙羽信子)が疎開する前、悲しみを紛らそうと、武(小池修一)が歌う

8.「故郷」
疎開先へ向かう国民学校の児童たちが、対馬丸の船上で歌う。
それを聴いた和子たちも一緒に歌いだす。

9.「故郷」(インスト)
対馬丸の悲報を知った和子がピアノで弾く。

10.「想思樹の歌(別れの曲)」(鼻歌)
女学生たちが洗濯をしながら鼻歌を歌う

 

11.「仰げば尊し」
卒業式で女学生たちが歌う

12.「元寇」
負傷して歩けず置き去りにされた兵隊が、歌いながら自決する

13.「花嫁人形」
移動の途中で休んでいるとき、勝江(笹森みち子)が歌う

14.「花嫁人形」
食料だ!と喜んで開けた箱から手榴弾が出てきたとき、勝江がまた歌っている

15.「轟沈」
川で水浴びをしながら和子が歌いだし、ほかの女学生たちも一緒に歌う

16.「谷茶前節」
川で合流したツル(太田雅子)が歌いだし、ほかの女学生たちも歌いながら踊る

17.「浜千鳥」
解散前のお別れ会で、和子が歌いながら踊り、ほかの女学生たちも歌う

18.「想思樹の歌(別れの曲)」
ラスト、和子とチャコ(後藤ルミ)が自決した後に流れる(合唱バージョン)

 

MEMO
主題歌の「想思樹の歌(別れの曲)」は、本作においては特に大きな意味を持つ曲です。
作詞をした太田少尉(和田浩治)の前で、作曲者の東風平先生(小高雄二)の指揮でみんなで歌うシーンが好きです。
この曲がもつ意味について、深く考えたいところです。

 

 

関連作品

  1. 戦争と人間 第二部「愛と悲しみの山河」【公開:1971年6月12日】

  2. みな殺しの霊歌【公開日:1968年4月13日】

  3. 百万ドルの明星 陽気な天国【公開日:1955年1月2日】

  4. 征戦愛馬譜 暁に祈る【公開日:1940年4月17日】

  5. 四萬人の目撃者【公開日:1960年2月12日】

  6. 兵隊やくざ脱獄【公開日:1966年7月13日】

  1. サイト移転のお知らせ

  2. ねんねこ社員【公開日:1956年7月25日】

  3. 警視庁物語 血液型の秘密【公開日:1960年6月7日】

  4. 警視庁物語 深夜便130列車【公開日:1960年1月27日】

  5. 象を喰った連中【公開日:1947年2月11日】

当サイトについて

Author:加陽 栄華(Kayo Eiga

掲載している情報は、管理人・加陽が個人的に調べたものです。
★★無断転載・無断使用は厳禁です!★★
調査・検証については慎重に行っておりますが、情報の正確性を保証するものではありません。

★基本的には、歌入りの曲のみを拾って調べています。
★インストは、クラシックなどの有名曲は拾っている場合もありますが、基本はスルーしています(キリがないので)。
★歌唱シーンや演奏シーンについては、実際に役者本人が歌唱・演奏しているかどうかについては検証していません。
★カテゴリ「歌唱シーンあり」⇒ステージでの歌唱シーンがある作品、歌手が自身の曲を歌うシーンがある作品を「歌唱シーンあり」のカテゴリに分類しています。出演者が少し歌を口ずさむ程度のものはカウントしていません。

 

昔の曲について調べるのは結構大変な作業で、タイトルがわからない曲もあります。
当時は大変流行っていたであろう曲でも、私が全く知らない可能性もあります。
調べてもタイトルがわからなかった曲については、「?」としてあります。
特に戦前・戦中の映画などは歌詞が聞き取りづらいものも多く、不明な曲が多いです。

不明曲についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けますと幸いです。
また、もし間違いなど発見されましたら、ご指摘いただけますと大変助かります。